ブログトップ

豆腐屋の娘

tofu8negi4.exblog.jp

おいなりさんレシピ

f0223553_17302116.jpg


やっと秋らしい、晴れた日になりました。
今週末は、近所の小学校や幼稚園がちょうど運動会
今日は、いなりずし用の油揚げを買いにいらっしゃるお客様も多かったです。

そこで、今からでも間に合う、おいなりさんのレシピ
明日の運動会のお弁当に、美味しく作ってくださいね!!

トーフのねぎしのいなり寿司用揚げ 1袋 プラス1枚くらいを目安に
つくったレシピです。
今煮て置いて、そのまま冷ますと味がなじむので、明日の朝温めなおしてもう一度冷ましてからご飯を詰めるとベスト!


あ~した、天気にな~あ~れ♪♪



f0223553_17434166.jpg

ねぎしのいなり寿司用揚げ 5枚入り

※小さいおまけは一緒に煮て、味見用にど~ぞ~♪

◆おいなりさん◆

いなり寿司用油揚げ 5~6枚

【煮汁用の調味料】
だし汁 2カップ(2番だし) ※水でも大丈夫です。その場合はちょっと酒をプラスするとおいしい。
醤油 大さじ3
三温糖 60g(大さじ3強目安 上白糖ときび砂糖半々でもOK)
塩 小さじ1/4

みりん 大さじ1

【寿司飯】
米            2合
水            2カップ(400cc)
だし昆布  5cmくらい1枚
<すし酢>
米酢            大さじ3
砂糖           大さじ1.5
塩            小さじ1

いりごま、ゆずの皮のすりおろし

※砂糖が多いんじゃないかなーって思うけど、食べてみてちょっと濃いくらいの味付けにしないと
ご飯を入れたときにぼやけた味になります。


f0223553_17435581.jpg

半分に切って、破らないように開きます。

f0223553_17441459.jpg

手揚げのいなり寿司用揚げは、このようにくっついていることがあります。
このほうが柔らかくておいしくできるけど、開くのにはちょっとコツが必要。

f0223553_1744766.jpg

菜ばしでゴロゴロとよくつぶすようにするか、袋の上から指で全体をプチプチとつぶしてから開くようにすると、簡単に開きます。

f0223553_17443157.jpg

全部開きました。

f0223553_17445054.jpg

鍋にお湯をたっぷり沸かして、油揚げを5分くらい茹でます。浮かんでくるので破らないように木べらなどで押さえながら煮てください。

f0223553_17445648.jpg

油揚げがふわっと柔らかい感じになったら、水でさっと洗ってざるに上げます。

f0223553_17451493.jpg

フライパンに、水気を切った油揚げを並べて、煮汁の材料を全部合わせて全体にまわしかけます。

f0223553_17452311.jpg

強火にかけて煮立ったら、落し蓋と蓋をして、弱火で15分くらい煮ます。
蓋を取ってさらに15分程度、時々フライパンをゆすりながら、汁気がなくなるまで煮含め、最後にみりんを回しかけて、火を強め、照りが出てきたら火を止めてそのまま冷まします。

※冷蔵庫に入れると固くなって開きにくくなるのでご注意!すぐにご飯を詰めない場合は冷めたら冷蔵庫に入れ、食べる前に温めなおして、また冷めたところでご飯を詰めてくださいね!

f0223553_17453378.jpg

米は洗って、普通の水加減(水2カップ)で30分程度浸水してからだし昆布をのせて炊きます。
耐熱容器にすし酢の材料を入れて、電子レンジで1分程度加熱し、よく混ぜてから、炊きたてのご飯にふりかけ、しゃもじでさっくりと混ぜてすし飯を作ります。すし酢を混ぜたら、上にペーパータオルか布巾をかけ、冷ましておきます。

※お好みで、いりごまやゆずの皮のすりおろし、ゆかり、ちりめんじゃこなどを寿司飯に混ぜてもおいしいです。

f0223553_17454062.jpg

すし飯を、10~12等分してにぎり、軽くしぼった油揚げに詰めたらできあがり。


f0223553_18312391.jpg

[PR]
by tofunonegishi | 2010-10-01 18:18 | 豆腐レシピ
<< アアルト カレー 厚揚げステーキ・玉ねぎソース >>