ブログトップ

豆腐屋の娘

tofu8negi4.exblog.jp

珈琲専門店 ブラジル

私にとってのナンバーワン・カフェ  というか
世の中で一番おいしいと思っているコーヒーは、このブラジルのマスターが入れてくれる一杯

以前は、通っていた高校から駅までの途中にあって、
外からのぞくと、ブラウン(ぽく見えた)ガラスの内側はほとんど見えず
今と同じ、オレンジとグリーンのカラーリングのロゴとほんのり漂う珈琲の香りで、喫茶店なんだなぁと
わかる程度。
もちろん、学校帰りに甘味を求めて集まる女子高生など一人も居なくて
常連さんは、近所の家庭裁判所の関係者などだったようですが....。

マスターの珈琲と、唯一あるサイドメニューのバタートーストの塩加減がたまらなくて
高校生の私はいったいどれだけ通ったことやら。
テレビ番組が、すべて生放送だった頃に、お料理番組を持っていたという話やクラッシック音楽の話、もちろん珈琲の入れ方からお菓子の作り方まで
マスターの話が面白くて、ついつい長居してしまったものでした。








つい、熱くなりました...

実家を離れて、時折、あの珈琲が飲みたいなーと思い出しながらも
なかなかお店にいけることもないまま、10数年
なんと、家からかなり近いところに、あのブラジル珈琲が移転してきていました。

行きたい、行きたいと思っていても
タイミングが合わずにいつも閉店時間
でも、今日は絶対行くぞーって決めて、まずはマスターに電話!
営業時間をしっかり確かめました。(早くかければよかったよ)

残務はまた戻ってきてからということで雨の中向かったブラジル
でもやっぱり閉店時間間際になってしまいました。

ガラスは透明だけど、オレンジとグリーンのカラーリングはそのままです。マスター元気かな??

f0223553_7133931.jpg


f0223553_7141757.jpg


f0223553_7143695.jpg


f0223553_7145943.jpg


f0223553_7151934.jpg


お店の規模は以前の3倍の広さになったということですが、中のメニューや珈琲のボトルは以前のまま
すっかり20年前にタイムスリップしたような気持ちで、ついついテンションも上がってしまう...



今年でなんと「80歳になられるというマスター、店に行くのはもう10数年ぶりの私の顔を
覚えていてくださいました。今もそのような昔の常連さんが毎日のように来店されているそうです。
珈琲一筋、来年が63年目だそう。まさか80歳だなんて思えない、お元気な姿になんだかじーんと来てしまいました。
もう、止まらない話で、閉店時間も過ぎてしまいましたが、以前と変わらずおいしい珈琲をいただき
元気もたくさんいただいて帰りました。
次はぜったいバタートーストたのもう。
やっぱり、私の中のナンバーワン珈琲は、(写真撮らなかったけど)ブラジルのマスターの入れてくれる珈琲。


新しいお客様がいらしても、もうそんなには一人で対応ができないから、宣伝はしないとおっしゃられていましたが、ちょっとだけお店の情報を掲載させていただきます。


珈琲専門店 ブラジル
茨城県土浦市蓮河原新町8-19 
電話:029-822-6891
定休日:火曜日
営業時間:10:00~17:00
[PR]
by tofunonegishi | 2010-06-14 12:55 | 日々
<< チャンネル三輪舎 うれしい朝ごはん >>